ブログ【花光慶尚税理士事務所】不動産・相続・事業承継・各種税務申告

お問い合わせ・ご相談は

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ番号:03-5812-4621
  • ※最初のご連絡は、メールをご利用ください
  • 受付時間 9:30~17:00(土日祝日除く)
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ番号:03-5812-4621

ブログ

TOP > 全てのブログ

アーカイブ

カテゴリー

全てのブログ

  • 所得税の還付申告

    2017.03.17

    平成28年分の確定申告期間が先日終了いたしましたが、申告義務のある方が申告されるのは当然としても、申告義務のない方でも申告することにより、還付を受けることができる場合が存在することはご存知でしょうか。

    例えば医療費控除などの適用を受けることで給与から天引きされている源泉所得税の還付を受けるケースなどが代表例になります。いわゆる還付申告という ...

  • セルフメディケーション税制

    2017.03.14

    所得税の確定申告で医療費控除を取られている方は多くいらっしゃると思いますが、平成29年度より医療費控除の制度にセルフメディケーション税制という特例制度が追加されております。

    「セルフメディケーション税制」とは、きちんと健康診断などを受けている人が、セルフメディケーション税制の対象となる市販薬を購入した際に所得控除を受けられるようにしたもので ...

  • 青色申告制度

    2017.03.09

    平成28年度の所得税確定申告も佳境に入ってまいりました。申告作業や相談を受ける中で時々「この人は、なぜ青色の承認を受けていないのかな?」と感じる場面に遭遇することがあります。

    所得税は納税者自ら税金を計算して申告するという申告納税制度を採用していますが、一定水準の記帳をし、その記帳に基づいて正しい申告をする人については、税務上有利な取扱いが ...

  • 平成27年以降に父母などから財産の贈与を受けた場合

    2017.03.01

    相続税対策として生前贈与を行われている方は多くいらっしゃると思いますが、平成27年度の相続税増税の改正に合わせて、贈与税の緩和の改正が行われています。暦年課税の場合において、平成27年1月1日以降に、直系尊属(父母や祖父母など)から財産の贈与を受けた人(贈与を受けた年の1月1日において20歳以上の人に限ります。)のその財産に係る贈与税の額は、一般税率で ...

  • 国税のクレジットカード納付

    2017.02.24

    2017年より国税のクレジットカード納付が開始されます。クレジットカード納付とは、インターネット上でのクレジットカード支払の機能を利用して、国税庁長官が指定した納付受託者(トヨタファイナンス株式会社)へ、国税の納付の立替払いを委託することにより国税を納付する手続です。対象となる国税は、申告所得税及び復興特別所得税、法人税、消費税及び地方消費税、贈与税、 ...

  • 平成28年1月からの個人の金融・証券税制

    2017.02.20

    金額に大小こそあれ、個人で株式の取引をなされている方は多いと思いますが、平成28年度分より上場株式等の区分が変更されていることをご存じでしょうか?

    平成28年1月より上場株式等の範囲に公募公社債や公募公社債投信の受益権等が含まれることとなりました。これにより、公募公社債を譲渡して譲渡益が生じた場合、平成27年分まではは「非課税」でしたが、平 ...

  • 確定申告の申告義務の判断

    2017.02.17

    いよいよ平成28年度分の所得税確定申告がスタートしました。毎年、この時期になると必ずと言っていいほど「私は確定申告が必要ですか?」という質問を受けます。極めて基本的な内容なのですが、一般の方にはわかりにくい部分もあるのだと思います。

    その年分の所得金額の合計額が所得控除の合計額を超える場合で、その超える額に対する税額が、配当控除額と年末調整 ...

  • 配偶者控除・配偶者特別控除の見直しの影響

    2017.02.10

    平成29年度税制改正で最も大きく取り上げられた配偶者控除・配偶者特別控除の見直しですが、これによる影響はどの程度なのでしょうか。

    改正案が出された時点ですでに報道されていましたが、この問題は税金だけでなく社会保険料の負担もセットで考える必要があります。即ち、給与収入が130万円を超えると社会保険料の負担が発生するという「130万円の壁」の問 ...

  • 配偶者控除・配偶者特別控除の見直し

    2017.02.09

    何回かに分けて紹介しています平成29年度税制改正、今回はマスコミが大きく報道しました配偶者控除・配偶者特別控除について。

    安倍首相が進めている働き方改革を行う上で、夫の扶養から外れないように就業調整が広く行われているという実態が課題とされていました。この課題に対して、配偶者控除の廃止や夫婦控除創設も検討されていましたが、諸外国においても配偶 ...

  • 東京税理士会の会報掲載のお知らせ

    2017.02.06

    東京税理士会の会報「東京税理士界」平成29年2月号に、弊所所長の花光が提出したA-Zセミナー6th修了レポートが掲載されています。内容にご関心のある方は、個別にご連絡下さい。 ...

10 / 11« 先頭...7891011
Pagetop